You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ボリビアで社会福祉インターンシップ

概要
  • 活動場所: コチャバンバ
  • 活動先: チルドレンズホーム、ケアセンター、孤児院
  • 役割: 経験豊富な心理学者/精神分析医またはソーシャルワーカーと共に、地域コミュニティが必要としているケアを提供すること
  • 参加条件: 大学で社会福祉またはそれに関連した分野を専攻中であること、及び初級以上のスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

ボリビアで社会福祉に貢献 活動中のソーシャルワーカーインターンたち

ボリビアは、南米の中でも貧困問題が未だ解決されておらず、現在でも社会的・経済的難題を多く抱えています。この問題は特にボリビアの子供たちに大きな影響を与えており、ボランティアの皆さんからの多くの助けを必要としています。そんなボリビアでは、コチャバンバにある孤児院またはケアセンターにて、社会福祉インターンとしてトレーニングを受けた現地人ソーシャルワーカーなどのその道の専門家と共に地域コミュニティが必要としているケアやサポートを提供します。

この社会福祉インターンシップは、社会福祉に関連した分野を専攻している学生の皆さんにとって、机上の学習を実践的に活用する絶好の機会となるでしょう。同時に、発展途上国での実情や共通する障害を直に学ぶことができます。

ボリビアで社会福祉インターンとしての貢献

大学で学んだ社会福祉に関する知識やスキルを、現地スタッフをアシストしたり、現地の地域コミュニティの発展につなげる上で活かすことができます。ボリビアでの社会福祉インターンとしての主な役割は以下の通りです:

  • 現地スタッフの日常の役割の補助
  • 孤児院の子供たちの入浴、食事、着替えのアシスト
  • 自分の知識を現地スタッフと共有し、現在行われている福祉活動の向上
  • リポートの作成と更新
  • 現地スタッフや地域コミュニティ用にワークショップの準備、実行
  • ボリビアが直面する社会的問題への認識向上の促進
  • 資格を持った専門家のアドバイスのもと、現地で暮らす子供たちや大人のアセスメント

上記は、ボリビアで活動する社会福祉インターンとしての役割の一例で、状況に応じて携わる活動内容は多岐に渡ります。現地コミュニティが抱える問題解決への近道として、参加者の皆さんには積極的な姿勢やひたむきさ、そして忍耐強さが求められます。

ソーシャルワーカーインターンとして得られるものとは?

ボリビア 社会福祉インターンシップ

ボリビアでの社会福祉インターンシップ参加によって、発展途上国でサポートを必要としている人たちの支えとなり、同時に現在大学で専攻している分野での実質的な経験を得ることができます。また、資格を持ったソーシャルワーカーなどの専門家と共に活動を行き、関係を築くことができるという利点があります。この専門家たちは皆さんからのアイデアを大いに歓迎しますし、ボリビアが直面している社会的問題に関する彼らの知識を共有することにやりがいを感じています。この社会福祉インターンシップを通して、学生インターンたちは社会福祉士としての決断力や日々の実行力を養うことができるでしょう。

ボリビアでの滞在中は、ぜひご自身の文化や背景を現地スタッフやホストファミリーそして活動対象となる地域コミュニティで暮らす人々と共有し、異文化交流を図りましょう。プロジェクトアブロードは、皆さんがボリビア文化とご自身の文化の類似点や相違点に対する理解を深め、尊敬する大切さを学ぶことによって、国際人として一歩踏み出すことをサポートしています。

社会福祉インターンシップへの参加条件は?

ボリビアでの社会福祉インターンシップへの参加には、大学で社会福祉科目を専攻しているか、その他関連する分野を専攻中であることが条件とされています。

また、現地スタッフやボリビアの地域コミュニティで暮らす人々とのコミュニケーションを重要視しているため、活動参加において基礎レベル以上または中級レベルのスペイン語力が求められます。社会福祉インターンシップ開始前にボリビアでスペイン語留学をすることも可能ですし、社会福祉インターンシップ活動中の空いている時間を利用して受講できるスペイン語語学追加コースもありますので、ぜひこの機会にスペイン語力に磨きをかけましょう。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。またボリビアでは、子供と関わる活動参加にあたって問題のない精神状態を証明するため、心理テストを受けることが義務付けられています。心理テストは現地で受けられますが、活動許可が下りるまで2~5日間要する場合がありますのであらかじめご了承ください(有料:現時点で100 Bolivianos)。これらの書類はスペイン語での提出が義務付けられているため、別途翻訳代がかかります(翻訳代は現時点で70 Bolivianos/1ページ。翻訳は、英語またはフランス語で提出された犯罪経歴書のみスペイン語に翻訳可能ですのでご注意ください)。

ボリビアでの社会福祉インターンシップの参加条件に満たない場合は、同じボリビアでケアプロジェクト参加することが可能です。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。