You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ベリーズで環境保護の海外ボランティア

概要
  • 活動場所: プラセンシア近郊のマリンパーク
  • 役割: 海洋環境を保護し、そのために必要なリサーチを実施すること
  • 主な研究対象: 珊瑚礁の保護
  • 条件: ダイビングに必要な気力・体力を十分に備えていること
  • 滞在先: ボランティアアパート
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

ベリーズの海洋保護プロジェクトでデータを集めるスタッフ

ベリーズでの環境保護の海外ボランティアは、海洋生物の保護に貢献し、同時にその保護するための方法を学ぶことができます。プロジェクトアブロードは、現地のプラセンシア近郊にあるベリーズ珊瑚礁保護区内の3つのマリンパークで活動する現地NGOと提携し、このプロジェクトを展開しています。参加条件はダイビングに必要な気力・体力を十分に備えていれば大丈夫、学生から社会人まで幅広くの方が、好きなタイミング、期間で参加することができます。

ベリーズ珊瑚礁保護区はユネスコの世界自然遺産に登録されている世界で二番目に大きなサンゴ礁で、チャールズ・ダーウィンが「西インド諸島で最も注目に値するサンゴ礁」と表現したことでも知られています。珊瑚礁は珊瑚、魚類、無数の無脊椎動物をはじめとした多岐にわたる海中生物の住処となっていて、全海中生物の10%ほどがこの保護区で発見されています。これらの珊瑚礁は、建築資材や食べ物として人々にとって重要な資源となってきただけでなく、漁業や観光業に従事する人々の雇用を産み出す資源としても重要です。

すでにさまざまな保護政策が導入されている一方で、珊瑚礁は深刻な白化現象に直面しています。その理由は人間の活動と自然災害によるものですが、珊瑚礁が非常に傷つきやすく病気になりやすくなってしまっているため、回復の可能性は低くなっています。プロジェクトアブロードのベリーズでのダイビング&海洋保護プロジェクトでは、こうした世界でも最も傷つきやすい生態系の保護の重要性を認識し、これらを保護するにはボランティアたちの助けが必要不可欠だと考えています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ベリーズでのダイビング&海洋保護ボランティアの役割

ベリーズでは、環境保護ボランティアとして以下のような活動に携わり、地域コミュニティが抱える環境問題に取り組んでいきます:

ベリーズで海外ボランティア ダイビング調査中のボランティア

  • モニタリングプロジェクト:サンゴ礁と海草藻場の健康状態をモニタリングしたり、漁業シーズン中とシーズン後における魚類、ロブスター、貝類などの商業用海洋生物の個体数調査を行います。そのデータ収集、分析を行うにあたって、現地NGOと密接に協力しながら活動します。また、ウミガメの巣のありかと保護区でのウミガメの個体数調査も行います。
  • バイオモニタリング活動:ボランティアたちは、ワニの研究を行っているNGOと共にプラセンシアラグーン内のワニの個体数をモニタリングします。同時に、ワニの生息地の急激な劣化を防ぐ手助けなども行います。また活動は、研究目的でワニの捕獲をアシストしたり、鳥や水生植物の調査の実施も含みます。
  • 清掃活動:珊瑚礁や海草藻場に影響を及ぼしている海の汚染量をコントロールするため、ビーチや島の清掃、ゴミの回収のためのダイビングを行います。
  • 海藻類の植え付け作業:地元の漁師たちの代替収入源となっている海藻類の植え付けをアシストします。この活動は、この地域での魚類の乱獲防止に貢献しています。
  • 教育・環境アウトリーチ活動:ボランティアたちは、地元コミュニティ内の学校を訪れ、環境教育や環境問題に対する自覚を植え付ける活動をサポートします。

もし、スキューバダイビングの経験がなくライセンスを持っていない場合は、まずPADIオープンウォーターを取得するための講習を浅い水中で受け、呼吸の仕方、マスクの外し方、水圧への対応の仕方などを学びます。また、ペアになって練習するバディシステムや水中で使う手話なども練習することになります。PADIのライセンスを取得したら、現地スタッフやプロジェクトのパートナーと一緒に環境保護のボランティア活動に参加することができます。

Padi

すでにPADIオープンウォーターに相当するラインセンスを持っている場合、PADIアドヴァンスドオープンウォーターコースの講習を受けることができます。また、Projects Abroad Survey Diver certification card も受け取ることができます。これはPADI認定の特別コースで、海中調査のトレーニングや調査のテクニックなどが含まれています。

活動中の宿泊先はホームステイとなります。ホストファミリーは毎日一緒に生活することで現地の文化を共有し、様々なことを教えてくれることでしょう。自由時間や週末にはベリーズを探検したり、他のボランティアたちとの交流も楽しめます。美しい島へ小旅行をしたり、カヤックやハイキングを楽しんだり、マヤ遺跡を訪れたりなどベリーズにはたくさんの魅力が詰まっています。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期間参加した方が、より有意義な経験や充実した時間を過ごせる傾向にありますので、念頭に入れておきましょう

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。