You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

ベリーズでボランティア・インターンシップ

概要
Belize mapプロジェクトアブロードでベリーズのボランティア活動に参加しよう!
  • 活動場所: サンペドロ、プラセンシア(環境保護)
  • 滞在先: ホームステイまたはボランティアハウス
  • 現地の言語: 英語、スペイン語、ベリーズ・クレオール語
国情報

中米に位置するこの美しい国ベリーズで、プロジェクトアブロードのボランティアやインターンシップの活動に参加し、恵まれない地域で生活する人々のために貢献する旅を経験してみるのはいかがでしょうか。ギャップイヤー中の方でも、転職期間中の方、休暇を利用して何か意味のある経験を得たいと考えている皆さん、どなたでも参加することができます。

ベリーズと言えば年間100万人以上の観光客が訪れる観光地として有名ですが、未だに発展途上の部分は多く、サポートを必要としている人々も大勢います。そこで、ボランティアのみなさんには現地のケアセンターや幼稚園において、子供たちの識字レベル向上を目指し先生のような役割を果たしてもらったり、日常生活全般にわたってお世話をしてもらったりして、この地域に住む人々に大きなインパクトを与えてもらっています。また、貧困地域に住む人々のために医療サービスを届ける活動も行っています。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

ベリーズでの滞在先

ベリーズのマーチングパレード

ベリーズでは、カリブ海に面した半島にあるプラセンシアにプロジェクトアブロードの拠点を置き活動しています。人口は3,500人ととても小さな町です。プロジェクトアブロードのボランティア、インターンのみなさんは全員ここに滞在します。国際線でベリーズシティの空港に降り立つことになりますので、そこから陸路で3時間半かけてプラセンシアに移動するか、小型機を利用してプラセンシア空港まで乗り継ぐことができます。

ベリーズに滞在中は、現地のホストファミリーのお宅にホームステイをします。現地コミュニティにすぐに馴染めるようにホストファミリーのみなさんがいろいろとお世話をしてくれることでしょう。現地の家族と一緒に生活することで、文化交流も十分に図れるでしょうし、滞在中に英語を基盤にアフリカ諸語やスペイン語、先住民諸語が混ざったベリーズ・クレオール語やマヤ語が話せるようになるかもしれません。

かつて英国の植民地だった国だけに、ベリーズはいろいろな文化、言語、人種が混ざり合っている国です。人種だけをみても、ベリーズ・クレオール、メスティーソ、そしてマヤ族、カリブ族などさまざまです。また、中米やアジアからの移民も多くいます。ただし、公用語は英語ですので現地の人々や活動先のスタッフとの会話は英語で行います。また、スペイン語も広く使われている言語のひとつです。

ベリーズでボランティア旅行

現地でボランティアとして滞在している間、週末や活動時間外を使ってこの国の魅力をたっぷりと味わうことができます。「カリブ海の宝石」と呼ばれるこの国には美しい海と、世界第二位を誇るサンゴ礁があります。また、中米では一番多くの洞窟があることでも有名です。また、マヤ文明が栄えた場所でもあり、数多くのマヤ遺跡を訪れることができます。

ベリーズには実に250もの島があり、各島ではさまざまな過ごし方ができます。ボートに乗ったり、スキューバダイビングをしたり、スノーケリングを楽しんだりもできますし、ラフティングやカヤックなども経験できます。その他、ジャングルの中のハイキングやバードウォッチング、そして5千種類にもおよぶ植物やジャガーやアルマジロ、ヘビ、サルを含む何百もの動物を見ることができるヘリでの遊覧飛行など、自分の興味関心に合わせて余暇の時間にもいろいろな経験ができそうです。

ベリーズの一般プロジェクト

ベリーズの高校生スペシャル

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。