現在、バングラデッシュでの情勢が不安定のため、バングラデッシュでの活動開始を見送っております。

代替案として、プロジェクトアブロードが長年に渡り活動に力を入れている近隣国 スリランカ または ネパール でのプロジェクトをご検討くださいませ。

スリランカやネパール以外にもさまざまな活動国がございますので、ご質問等ありましたらご遠慮なく お問い合わせ ください。

You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

バングラデシュで英語を教える教育ボランティア

ご注意ください: バングラデッシュでの活動は、当面中止しております。

概要
  • 活動場所: ダッカ
  • 活動先: 小学校、高校
  • 役割: 英語教師、または教師アシスタント
  • 条件: なし
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 2週間以上
  • 開始日: 随時

バングラデシュの小学校で活動する教育ボランティア

バングラデシュでは、300万人を超える子供たちが学校に通っていないとされ、南アジアで最も識字率が低い国の一つとされています。教育へのアクセスが改善されない限り、こうした子供たちの将来は暗く、英語を学ぶことがバングラデシュの子供たちの前途を明るくすることにつながる方法の一つでもあります。

教育ボランティアでは、学校の子供たちに教育面でのサポートを提供します。クラスでは英語の読み書きから会話まで総合的に英語力を向上させるための重要な働きを任されることになるでしょう。

参加にあたっては、英語を教えた経験は問いません。高校生以上であれば誰でも参加できますし、学生、社会人、シニアなどあらゆる方が参加できます。私たちが参加者のみなさんにお願いするのは、生徒一人ひとりと対面し、授業のプランニングや先生のサポートなどに協力してもらうことです。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

バングラデシュで教師ボランティア

活動先はダッカの小学校、または高校です。実際の役割はあなたの経験や自信によっても変わってきます。未経験の方であれば、現地の先生をサポートする形で、小さなグループで英語を教えることになるかもしれませんし、すでに経験や自信をお持ちでしたら、授業を一人で受け持ってもらうこともあるでしょう。学校の設備は基本的には質素で、しばしば教室内には黒板とチョーク以外はほとんど何もないという環境で働くこともあります。

現地の生徒にとっては外国人のボランティアが授業の手伝いをしてくれることはとても大きな影響を与えます。子供たちは好奇心の目でもってたくさん話し掛けてきたり、あなたの国やあなた自身について質問を浴びせてくることでしょう。教室内外を問わず、こうしたところから会話の糸口はいくらでもあり、それを英会話の向上に大いに活かすことができるはずです。授業を通して、たとえ間違っていても自信をもって話すことや、熱心に勉強を続ける大切さを伝えましょう。また、自らの経験から新しい学習方法を授業に導入することもいいかもしれませんね。

主な役割は英語を教えることですが、他にも得意な科目があれば、例えば芸術、演劇、音楽、数学、理科、体育などを教えることもできます。もし、英語以外の科目を教えてみたい方は、スタッフに事前にお知らせください。

プロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、長期にわたって参加される方に比べると得られるものが異なる場合がございます。予めご承知おきください。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。