You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アルゼンチンで子供と関わるボランティア

概要
プロジェクト概要
  • 活動場所: コルドバ、La Calera、Villa Allende
  • 活動先: コミュニティセンター、幼稚園、食堂
  • 条件: なし
  • 対象年齢: 2~14歳 
  • ケアをする人数: 15~20人
  • 役割: 教育的な活動を展開したり、精神的なサポートを施したりして、ケアマネージメントプランに基づき活動し、目標達成に向けて努めること
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 1週間以上
  • 開始日: 随時

2001年~2002年に起きた経済危機から少しずつ復興を遂げてきたアルゼンチンですが、未だに低収入と貧困により様々な困難に直面しています。まともな教育が施されていないこと、非常に限られた社会での生活、薬物使用、子どもたちに対するサポートが不足していることなどの問題を抱えるコミュニティと共に私たちも活動していて、その現状を実感しています。ボランティアとして重要な役割は、活動先のスタッフがまかないきれない分、子どもたちにその愛情と注目を与えてあげることです。夏休み中の大学生や高校生、キャリアブレイク中の方、または有給休暇中にちょっとという方、退職した方、子どもと触れ合いたい、誰かの役に立ちたいと思っている方など、どんな方でもケアボランティアはできます。必要なのは、最後までやり遂げる強い意思とエネルギー、仕事をきちんとこなすことに熱心であることだけです。あなたが十分に活動できるよう、現地スタッフが活動期間中、全面的にサポート致します。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

アルゼンチンでケアボランティア

日本人ボランティアとアルゼンチンの子供たち

アルゼンチンでチャイルドケアのボランティアをする場合、第2の都市コルドバ周辺にある派遣先のうちの一つで活動することになります。主にコミュニティセンター、幼稚園、食堂で活動しています。派遣先の中でも、比較的少人数の所であれば実際にできる活動は幅広く、子どもたちの毎日の活動のすべての工程でケアを行うことができます。これらの活動先においては子どもたちを楽しませるために、いろんな課外活動を考える自由があります。忙しく、時間が過ぎるのも早く感じ、一日の終わりにどっと疲れを感じる毎日となることでしょう!また、動物が好きであれば、乗馬セラピードッグセラピーのプロジェクトでケア活動を組み合わせることも可能です(ただしスペイン語力は必要)。申込の際、どんな形で貢献できそうか、一緒に話し合ってあなたにとって最適な派遣先をアレンジしていきます。

チャイルドケアボランティアの活動内容とは?

アルゼンチン、車椅子の子供を手助けするプロジェクトアブロードボランティア

活動先での具体的な活動内容は、子どもの年齢や必要な支援によって異なります。子どもの身の回りの世話をすることもあれば、決められた活動内容はなく、子どもと遊ぶだけの日もあるかもしれません。その時その時の状況を見て臨機応変に対応していくことが大事です。また絵を描くことや陶芸、音楽を教えるため、クラスやワークショップを持つことも可能です。高学年の子どもであれば学校の宿題を見てあげたり、折り紙など日本の文化や遊びを教えてあげたりと、活動内容の幅広さは自分次第といえるでしょう。場合によっては理学療法のセッションやガーデニング、ペット飼育等を手伝うこともあるでしょう。アルゼンチンでボランティア活動する場合、自身の持つスキルや才能を活動に入れることもできますので、例えば子どもたちにダンスを教えたり、サッカーを教えたり、デイトリップとして1日かけて子どもたちをどこか遠くに連れていくというような内容のものもできます。時間と労力をかける程、活動先での活動がより有意義なものになることでしょう。プロジェクトは少なくとも2週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは1週間でも受け入れ可能です。ただし、それ以上長く活動するボランティアの方たちほど有意義な経験、充実した時間を過ごすことはできないことをご承知おきください。またケア活動に参加するにあたり、簡単なスペイン語が話せるとより充実した活動になるでしょう

このプロジェクトは少なくとも4週間以上行けるのがベストですが、このプロジェクトは4週間未満でも受け入れ可能です。ただし、それ以上参加されるボランティアの方たちほど有意義な経験、充実した時間を過ごすことはできないかもしれませんので、予めご承知おきください。

参加者プロフィール 水野 直道
水野 直道
“僕はほとんどスペイン語が話せず子ども達ともなかなかコミュニケーションをとるのが難しかったのですが、とにかく自分から積極的に行動しようと心がけました。基本的に孤児院の子ども達はとてもしっかりしていて、時には本当にボランティアが必要なのかと思うことさえありましたが、とにかく自分ができることをしようと考えました。そうした中で子ども達が自分に何をしてほしいのか、何が必要なのかが分かるようになりました。自ら行動することの大切さなど様々なことを学びました。” (水野直道 アルゼンチンケア)
もっと読む

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

このアルゼンチンでのケアケアプロジェクトの目的等の詳細につきましては、こちらの マネージメントプラン(英語版のみ)をご参照ください。

Argentina Care Management Plan

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。