You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

アルゼンチンでドッグセラピーの海外ボランティア

概要
  • 活動場所: Alto Alberdi, コルドバ
  • 役割: 訓練を受けたセラピードッグと子供から大人までを対象にドッグセラピーを施すこと
  • 活動先: 動物園のセラピーセンター
  • セラピー対象人数: 12~15人
  • セラピー対象年齢: 6~25歳
  • 参加条件: 基礎的なスペイン語力
  • 滞在先: ホームステイ
  • 参加期間: 4週間以上
  • 開始日: 随時

アルゼンチンでドッグセラピーの海外ボランティア セラピードッグと心を通わせる現地の患者

アルゼンチンで行っているドッグセラピーの海外ボランティアは、チャイルドケアと動物ケアのプロジェクトを組み合わせたようなものです。参加者するボランティアたちは、コルドバのAlto Alberdiという町にある子供から大人を対象にセラピーを施しているJingles Foundationに所属する専門家たちのかたわら、ドッグセラピーの活動を行います。

Jingles Foundationには、種類も年齢もさまざまな犬が約30頭ほどいます。どの犬も厳しい観点で選び抜かれ、訓練を受けており、とても賢く忠順です。ボランティアの皆さんは、ドッグセラピーの効果を利用し、対人関係に問題があったり、その他さまざまなな問題を抱えたる子供たちに社会性を育むことを目的に活動します。定期的に動物に触れ合うことが、こうした子供たちの成長に効果的であることは既に証明されています。ドッグセラピーに取り組む一方、患者またはその家族のために現地の専門家たちが動物を使ってどのように言語セラピーや運動療法、ニューロリハビリテーション、心理療法を行っているのか学ぶ機会もあります。

※複数のプロジェクトや活動国のコンビネーションも可能です。

南米アルゼンチンでのドッグセラピーボランティアの役割

通常、ボラアルゼンチンのコルドバでドッグセラピーの海外ボランティア 犬との触れ合い方を教えるボランティアたちンティアは平日の午後にこのセンターに来て、以下の活動に携わります。

  • 設備や器具などの日々の整理、点検
  • ドッグセラピーのサポート
  • 子供たちのための工夫した活動の考案
  • 活動報告書の作成

日々の活動内容や時間など細かい点については、その方の経験などを踏まえ現地のスタッフと話し合ながら決めることになります。

子供と関わる活動に従事する場合には、犯罪経歴証明書が必要となります。活動国やプロジェクト内容によっても条件が異なりますので、詳しくは犯罪経歴証明書についてをご覧ください。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。