You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

奇遇な運命



  コメント

2017年 01月 19日アフリカ、インタビュー


南アフリカPAHROオフィスにある法律&人権に関する本

私と彩夏さんが出会ったのは、2015年度のグローバルフェスタでした。たまたまプロジェクトアブロードのブースの前を通った彩夏さんとお話したのがきっかけで知り合いに!

驚いたことに、彼女と私はプロジェクトアブロードを通じてボランティアに行った年齢も時期も場所も同じだったんです。かなり驚きました。

彩夏さんへのインタビュー

インタビューではあらかじめ用意しておいた5つの質問に答えていただきました。

①高校2年生の時にプロジェクトアブロードに参加してから3年半が経ちますが、その後どうですか?

今振り返るとプロジェクトアブロードで海外ボランティアした経験が今の自分のビジョンに大きな影響を与えたと思います。元から困っている社会的に弱い立場にいる人を救いたいという漠然とした思いはあったのですが、海外ボランティアでその思いは確信に変わりました。TVなどのメディアを通してではなく、実際に足を運んだことがより自分の心に刺さってきました!今は、あれから3年も経ち思考が広がったので、やりたい事も幅が広くなり、確定できてはいませんが、ボランティアの経験で感じた事は一生消えないですし、自分の人生の軸として残り続けていると実感しています。

▷彩夏さんは大学に入った今でも、精力的に活動しており「社会的に弱い立場にいる人を救いたい」という気持ちがその行動力に繋がっているのだと思います。

②プロジェクトアブロードに参加する前に不安などはなかったですか?

大自然が美しい南アフリカ

不安しかありませんでした(笑)だって南アフリカなんてほぼ地球の裏側ですし、現地まで一人ですからね!しかもハワイしか海外旅行行ったことなかったしね。友達や親戚にはすごく驚かれました。でもやりたい事を快く承諾してくれた親がいたので、思い切っていく事が出来ました。

▷海外ボランティアはお金もかかるし、海外でボランティア活動をすること自体、親にとても心配されるのは言うまでもないと思います。彩夏さんが参加できたのは親御さんの温かいサポートがあったからなんですね。

③参加してから変化はありましたか?

変化と言えば自分のやりたい事が漠然でも明確になったことかな。ボランティアをきっかけに、自分が頑張っている時には、「救いたい人を笑顔にするために頑張っているんだ!!」って言い聞かせながらやるようにしてます。あとは国際協力の前に日本の社会課題にも視野を広げられている点ですかね。その時は途上国の問題にしか目が向いてなかったけど、今はより大きな視野で捉えられてる気がします。でもまだまだ知らない事は沢山!!伸びしろたっぷりです(笑)

▷参加して考えたことが今に繋がっていますね。高校生の頃に行っていろいろなことを考えたから、大学生になった今でも精力的に活動しているのがよくわかります!

④参加する前に期待していたことや不安だったこと、またそれが実際にどうだったか教えてください!

南アフリカで法律&人権プロジェクト 美しいビーチでの一枚

まず語学の問題かな。英検2級は持っていたけどやっぱり話すとなるとまた違いますよね。だからめちゃくちゃ不安でした。

実際に現地に飛び込んでみて日本人一人で最初の一週間はすごいついていくのに必死で辛い思いもしたけれどだんだん慣れてきて。しかも周りの同じ高校生たちは優しいから心配はいりません。つらい経験は成長痛でした(笑)

あとは現地に行けるか。乗り換えもあったし、現地は治安悪いと聞いていたし、不安しかなかったです。でも本当になんとかなるものです。多くの人の助けを借りながらですが、成せばなります!

▷「つらい経験が成長痛」だと思えるのがステキです。英語は参加される皆さんが最も心配されることの一つだと思いますが、できるできないに関係なく、やろうとするかどうかが大事なんですね。

⑤一言で人にプロジェクトアブロードをオススメするとしたら、何と伝えますか?

行きたいと思ったら行くべし!後悔しない生き方をして行きましょう!!

おわりに

いかがだったでしょうか。

彩夏さんは本当に積極的に活動されているので、同い年の私もすごく尊敬しています。そんな彼女は今、「ミス総理大臣コンテスト」に挑戦しています!彼女の活動がこのボランティア活動を経て今どうなっているのか、注目です!!

プロジェクトアブロードではこういった体験をしたい方を募集しています。また参加者の方でブログにインタビューを載せてもいいよ!!という方がいらっしゃれば、連絡をください。よろしくお願いいたします!

プロジェクトアブロードをもっと見る

この記事をシェアする:

FacebookやTwitterにもシェアしてお気軽にコメントをください!

SNSコミュニティに参加する

  

RSS登録する

ブログフィード

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。