You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

私と彼女の出会い



  コメント

2017年 01月 05日アジア、インタビュー


フィジーでの出会い 日本人高校生ボランティアNeoriさん

音織さんと私が出会ったのは、2015年度のグローバルフェスタでした。プロジェクトアブロードのブースのお手伝いとして参加していた私たちは、初めて顔を合わせたその日にいろいろなことを話し、後日高校生だけの体験報告会で再会しました。

高校生の参加者のみで行われた体験報告会はかなり内容が濃かった印象があります。

Neoriさんへのインタビュー

インタビューではあらかじめ用意しておいた5つの質問に答えていただきました。

①プロジェクトアブロードに参加して1年ちょっと経ちますが、その後どうですか??

その後はどこへも国際ボランティアに行けてませんが(ずっと行きたいのに!!)、フィジーで学んだこと、気づいたことを意識しながら、日本での日常生活を送っています。フィジー人はとてもフレンドリーで、朗らかで、ポジティブ思考で、優しく、欲張りません。彼らに出会って、私もそうなりたいと思いました。そのため今でも初対面の人と会話するときに、人見知りをしないように、また嫌いな人や苦手な人をあまり作らないようにしています。またフィジーに行ってから、服などもあまり欲張らないようになりました。また、スマホから離れて、面と向かって人と話すことを重視するようになりました。フィジー人の価値観に触れたことによって、日本を違う角度から見ることができるようになった気がします!

  • Neoriさんは高校生にもかかわらずボランティア活動に参加し、フィジーで行われた「高校生プロジェクト」に参加しました。(トビタテを利用していました)

②プロジェクトアブロードに参加する前に不安などはなかったですか?

私は「なんとかなるか」というスタンスでフィジーに行ったので、あまり不安はなかったです。むしろ楽しみでした! 私は、何かわからないことがあったらすぐ周りの人に聞いていたので、何か問題があったり、わからないことがでてきても、解決できました。全部、なんとかなりました! 意外となるもんです(笑)

  • Neoriさんは絶対こう言うと思いました(笑)その「なんとかなる」精神を持つことができること自体、素晴らしいと思うし、周りの人にうまく頼ることができるのも彼女の強みですね!

③参加してから変化はありましたか?

国際協力にとても興味を持つようになりました!将来は国際NGOで働きたいとまで思うようになりました!

ちなみに国際NGOとはどんな種類の支援をしたいと思うようになったんですか?またそれには何かきっかけとなる経験はありましたか?

駐在員とかになりたいと思っています!貧困とか、教育とか、水衛生とか、今は色んな種類の支援に興味があります。きっかけは2つあります。1つはフィジーに行って、現地の人たちと一緒に生活したことがすごく楽しかったことです。もう1つはボランティアのつもりでしていることに対して、現地の人にすごく感謝していただいてすごく気持ちよかったことです。自分が役に立てている感じがしたので、ずっとこんなことをしていきたいなー!と思ったことでした。

これから大学生になると思いますが、大学ではどういった進路に進んで、どういうことを頑張っていこうと思っていますか?

開発学の勉強のため、イギリスに留学しようと思っています!

  • 国際NGO!自分が役に立てている感覚って日常的に味わえるものではありません。支援の仕方はさまざまにせよ、Neoriさんの将来が楽しみです。

④参加する前に期待していたことや不安だったこと、またそれが実際にどうだったか教えてください!

行く前は、フィジー人はどんな人たちで、どんな家に住み、どんな生活をし、どんな料理を食べているのか全く想像がつかなかったので、すごくわくわくでした。しかし実際に行ってみると、期待以上におもしろかったです。想像もしてみなかった文化や価値観に出会いました。行く前は色々不安になると思いますが、行ってみるとそれらが吹き飛ぶほど楽しいし、毎日が新しい気づきです!もちろん、慣れない食事でお腹を壊してしまったり、疲れによって熱を出してしまったり、携帯が水没してしまったり、など様々な想定外のトラブルもありましたが、今となってはいい思い出です。

  • 大変なこともあったようですが、Neoriさんなりに乗り越え、素敵な体験ができたようですね。新しい気づきが毎日ある生活って、日本に住んでいると得にくいものだと思います。

⑤一言で人にプロジェクトアブロードをオススメするとしたら、どんな言葉で伝えますか??

「挑戦」

プロジェクトアブロードで国際ボランティアに行くことは、大きな決断だと思うし、勇気も必要だと思います。現に、プロジェクトアブロードは私の人生を変えました。いい方向に変えてくれました。みなさんもぜひ国際ボランティアに挑戦してほしいです!ここで挑戦して、一人で飛行機に乗り、外国で滞在し、外国人に混ざって生活することは、絶対にいい経験になります。挑戦した分、必ず成長できます。この経験で得たこと、学んだことは日本に帰ってきてからも活きます。この挑戦をすることで、肝が座ります。またこの一歩を踏み出さないと見えないこと、気づかないことなどがたくさんありました。ここで挑戦したら、世界がぱっ!と広がります。プロジェクトアブロードで国際ボランティアに行かないのは本当に勿体ないです!!

  • 人生を変えた体験、だなんて嬉しく思います。私もプロジェクトアブロードで初めて南アフリカを訪れましたが、こんな気持ちだったなあって思いました!!

おわりに

いかがだったでしょうか。Neoriさんの言葉が背中を少しでも押してくれていたら嬉しいし、彼女の力強い前向きな姿勢は私も見習わなければ…と思いました。

プロジェクトアブロードではこういった体験をしたい方を募集しています。また参加者の方でブログにインタビューを載せてもいいよ!!という方がいらっしゃれば、連絡をください。よろしくお願いいたします!

プロジェクトアブロードをもっと見る

この記事をシェアする:

FacebookやTwitterにもシェアしてお気軽にコメントをください!

SNSコミュニティに参加する

  

RSS登録する

ブログフィード

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。