You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

モロッコの基本情報



  コメント

2015年 07月 08日旅行, 文化, アフリカ


モロッコで見られる旧市街の入口

国名 モロッコ王国
首都 ラバト(最大都市 カサブランカ)
公用語 アラビア語 ベルベル語(フランス語)
気候 1年を通して日本よりも雨が少ない。冬は東京より寒いが、夏は涼しい。

みなさん、もっとも注目すべきはなんといっても言語ですね!英語…じゃない!そうです。ここはかつてフランスとイギリスがアフリカ大陸に植民地政策を敷いていたこと、フランスのアフリカ横断政策によって支配された初期の地域です。対照的にイギリスは縦に支配地域を伸ばしました。前回の南アフリカは縦断政策のゴール、って感じですね。そんな歴史もあり、モロッコではフランス語がよく使われています。公式に学校教育で教えられているのはアラビア語やベルベル語のようですが…。フランス語の他にもモロッコ語も話されているようです。ただ良い企業に就職したり、安定した職に就くためにはフランス語が必須なんだとか。学んでいる言語と、話している言語、そして求められる言語が全然違うって面白いですよね!

モロッコに行くなら!

サハラ砂漠に暮らす人々

とはいってもモロッコのことなんてそんなに知らないしなあ…と思っている方もいると思います。心配なくいけるようモロッコの文化や治安について知ったうえで行きましょう!おすすめの観光地なども知りたいですよね!

まず、モロッコでは日本からマイナス9時間の時差があると知っておいてください。そしてなんと、直行便はありません…。アフリカ大陸の国家へ行く際には多くの格安航空会社が、ドバイ経由でチケットを売っています。なので、一度ドバイなど経由地で降りて観光するのも全然アリです。せっかく行くならそんなこともしたいですよね!ドバイはお金持ちの国といわれるように、空港の内装もとてもキレイでお金持ちなんだなあという印象です(笑)乗り換え難しいんじゃ…という方!高校生の私でもどうにかなりました!どうにかなります☆
ここでおすすめの観光地ベスト3を紹介します!

①ジャマ・エル・フナ広場@マラケシュ 夕方になると屋台が次々と開店しだし、人がいっぱい集まってきます。いろんなところで大道芸が行われ、みんなわいわいがやがや大騒ぎ。お祭り騒ぎが深夜まで続きます♪旅行の一番の楽しみはここ!といってもいいほど楽しい時間が過ごせそうな場所です!でも、スリや犯罪に巻き込まれないように注意!

②スーク@マラケシュ ジャマ・エル・フナ広場の北側に広がるスークは、世界最大ともいわれます。スークというのは「商業地区」という意味で、市場みたいな感じを想像してもらえるといいと思います。スークにはいろいろなものが並ぶので、ここへ行けばアフリカグッズがたくさん手に入ること間違いなし!お買い物好きな方におすすめ。

③ブー・ジュルード門@フェズ 世界史でも有名なあのメディナの入口にある最大の門で1913年に建設されました。外面は幾何学模様に彫られ、青色や緑色のタイルで彩られています。門はアーチ状です。高校世界史の資料集で1回は目にしたことがあるはず!歴史好きな方にはたまらない観光スポットです。

いやー。どこも楽しそうですね。個人的には高校で世界史を選択していたのでブー・ジュルード門が気になります♪何かで見たことがある、とかなんかこれ知ってる!っていう場所や建造物、博物館などがあると親近感わきます。何にも知らない国に行くのもそれはそれで勉強になりますけどね☆

モロッコ料理を囲んで食事をとる人々

ただ、アフリカでしょ?やっぱり治安が…という方!モロッコの治安について説明します。アフリカの中でもモロッコは観光国といっていいくらい観光が盛んな国です。その影響もあって、警察の取り締まりなどは強化されているので他のアフリカ諸国よりも安全です!とはいってもモロッコは日本ではありません。日本は安全すぎるんです!!!ですから、ガイドを装った一般人や女性への犯罪、スリなどには十分気を付けて、それを意識しながら行動することが大切です。

また、モロッコの文化になじめるか心配な方もいると思いますが、モロッコ意外といけます(笑)モロッコ料理のレシピ調べたらたくさん記事がありました。ごはんが日本人の口に合わない、という心配の必要はなさそうです!もっと文化を知りたい方はプロジェクトアブロードの異文化体験プロジェクトへの参加をお勧めします!遊牧民の生活が体験できちゃいます♪

ぜひモロッコ、行ってみてください(^O^)

モロッコのプロジェクトについてもっと知る

この記事をシェアする:

FacebookやTwitterにもシェアしてお気軽にコメントをください!

SNSコミュニティに参加する

  

RSS登録する

ブログフィード

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。