You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

プロジェクトアブロード 活動記録

氏   名 菊池 正子
滞 在 国 南アフリカ
プロジェクト 環境保護プロジェクト
滞在期間 2週間

1. 活動日の主なスケジュール例

07:00 起床・朝食
07:30 午前の活動
11:30 昼食・洗濯・お昼寝
14:30 午後の活動
18:00 シャワー
18:30 夕食
20:00 トランプなど

2. 活動先での主な活動内容・自分の役割

・Bird Census/Mamal Census 鳥・動物観測、観察
・Conservation Debate 講義
・Erosion Control 土を掘る
・Elephant ID 象観測
・Baobab Protection  岩を拾って木を囲う
・Adventure Walk
・Anti-porching 罠撤去
・Road Repair 道埋立
・Camera Traps カメラの設置
・Spoor ID 足跡鑑定
・Waterhole Maintenance 溜池清掃
・Rock Collection 石集め(バオバブ用)
・Rubbish Removalゴミ拾い
・土曜はピクニック、日曜は教会へ連れて行っていただきました。
・2週目の木曜は朝5時に出発してLimpopo Lipadi(高級リゾート)へ。サファリとプール、ランチ。

3. 活動先での経験で、一番印象に残っていること

・ありの行列が道を横断、で車で踏まれないように引き返してコースを変えたこと。
・食べ残しを大量廃棄、作りすぎでもったいない…
・協会で街の皆さんの陽気さ、温かさ、子供たちの可愛さ。

4. 滞在先(ホストファミリーやボランティアハウス)の様子

・とても清潔、キレイ。常に整頓されています。
・土壁の建物で、随所に自然の木が使われていてオシャレ。
・シャワーでお湯も使えました。
・日没(18時過ぎ)後はビーサン不可。ヘビとサソリに注意。
・水やや硬水
・南アフリカ(ポロクワネ)のゲストハウスもとても快適で素敵なところでした。
・晴れた日は星くずまで見える満点の星空

5. プロジェクトに参加して最も有意義だと感じたこと

・多国籍(仏人、独人、瑞人、ボツワナ人)の人たちと共に生活できたこと。みなさんとっても優しく、親切にしてくださいました。
・土日は、食事作り、食器洗い、パン作りが当番制。

6. 全体を通しての感想

・スタッフの皆さんがとても剽軽で楽しいです。
・ボランティアと言うより、“贅沢な体験型旅行”という印象です。

7. これから参加する人へのメッセージ

・かなり高い岩山に上るので、高所恐怖症の人には辛いかも。
・寝ていると、テントの布一枚隔てた数センチ先で象がお食事。リアルジェラシックパークを体験できます。
・「写真を撮りに来たのか!?」というくらい皆さん毎日沢山撮影されていました。望遠機能付きの立派なカメラを持参した方が良さそうです。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。