You are from: United States, Go to our American website.

Projects AbroadProjects Abroad

プロジェクトアブロード 活動記録

氏   名 菊池 正子
滞 在 国 ケニア
プロジェクト 環境保護プロジェクト
滞在期間 2週間

1. 活動日の主なスケジュール例

07:00 起床、朝食
08:00 午前の活動
13:00 昼食
14:00 午後の活動
18:00 シャワー
19:00 夕食
20:00 卓球など

2. 活動先での主な活動内容・自分の役割

・Bird Data Entry 野鳥観測
・Giraffe Survey/Activity Pattern キリン観測
・Fence Patrol 自然散策
・Tree Nursery/Tree Planting 植樹
・水曜の午後はビリヤードやバレーボールなどコミュニティ(レクレーション)の時間でした。
・2週目の金曜は川へピクニックへ連れていっていただきました。

3. 活動先での経験で、一番印象に残っていること

私がバタバタしていたのか、よく「ゆっくり!(急がない!)それがケニアタイムだよ」と言われました。時計に縛られて生きている自分を認識。

4. 滞在先(ホストファミリーやボランティアハウス)の様子

・きれいとは言い難いですが楽しいです。
・卓球台はテーブル、ネットは本!
・トイレと洗面は赤水。ノープロブレム。
・食事はキッチンで適当に座って。人数が増えたらテーブルに移りました。
・日本の春や秋のような気候(但し、夕立多)。暑くも寒くもなく超快適。蚊もいません。(蚊帳不要)

5. プロジェクトに参加して最も有意義だと感じたこと

・遊園地のアトラクションによくある、画面(映像)に合わせて座席が動いたり揺れたりするヤツ…アレのリアルサファリ版が体験できます(笑)。凸凹な道なき道を行くのがとても楽しい。
・キリンがより好きになりました。

6. 全体を通しての感想

・サファリを心ゆくまで堪能できました。
・空港に迎えに来てもらえてなかったり、おかわりを強要されたり、風をうつされたり(人のせいにしてゴメンナサイ)、腹の立つこともありましたが、景色と動物たちとスタッフ、ボランティアの皆さんの素敵さが癒してくれました。帰る時には感謝の気持ちでいっぱいでした。

7. これから参加する人へのメッセージ

英会話力に自信があって、田舎が苦でない人ならだれでも大丈夫だと思います。あ、乗り物揺れが苦手な人(酔いやすい人)には地獄の日々だと思います。

友達に教える :

トップに戻る ▲
Feedback
Projects Abroadのウェブサイトへようこそ!ちょっと意見を聞かせてもらえますか?
いいですよ! いや、また今度で。